姿勢が悪いということ|羽曳野・藤井寺・八尾・松原・橿原・布施のサロン|リンパマッサージ、アロママッサージ、骨盤矯正

ブログ

姿勢が悪いということ

年齢を重ねるにつれて姿勢が悪くなるという傾向があるかと思います。

姿勢が悪くなるということは、
硬くなる筋肉
緩む筋肉
が発生しています。

硬くなっている場所はあまり動かないから脂肪がつき、落ちにくく
緩む場所は力が入りにくく、使えないから脂肪がつき、落ちにくい
ということが起きがちです。

それに併せて姿勢が悪いと、呼吸が浅くなったり、内臓が下垂して機能低下したりすることも予想されます。
不良姿勢は体型が崩れるというのみならず、健康面にも影響が出てきます。

そしてこの筋肉が硬くなったり弱くなったりするは運動で改善されます。

仮に食事のみによるアプローチで体重が落ちても、「太った猫背の人」は「痩せた猫背の人」になるだけです。

基本的に硬くなっているところはストレッチやマッサージでほぐして動くようにする。
弱くなっているところはトレーニングをして強化する必要があります。

パーソナルトレーニングではあなたの身体をチェックして、最適な運動を提供します。
あなに合った運動をしてみませんか?





#リンパ#マッサージ#リンパマッサージ#アロマ
#リラクゼーション#キャビテーション#骨盤矯正
#痩身#フェイシャル#エステ#ダイエット
#トレーニング#ジム#トレーニングジム
#パーソナルジム#パーソナルトレーニング
#整体#腰痛#歪み#足痩せ#美脚